蛇の目ミシンMODEL 802

番頭です。

[嫁入り道具]なんて言葉が死語になっていますが、
番頭の蛇の目ミシンは、列記とした「嫁入り道具」です。

確か、40年ぐらい前に毎月¥500-だと思うんですが、
積み立てて、「お嬢様がご結婚するときには、最新のミシンが
お手元に」というセールストークで母が始めたと思います。

ところが、この積み立てが終わっても、番頭はまだ実家にいました。
そして、最新式ミシンが次の最新式に追い立てられて、
「我が家」にきました。

要するに、結婚前からのつきあいなんです。
途中、ロックミシンなんかも、とりそろえ、
このミシンで、とにかく、一ちゃん、小母、小若のものを作りました。
小母のお稽古発表会の時のワンピースなんか、まだ保存していますよ。

この嫁入り道具が、4~5年前に動かなくなったんです。
母が70歳過ぎて新しいミシンを買ったら、使い方がわからなくなってしまい、
そのままです。

だから、蛇の目ミシンに電話して、諸経費はすべて支払うから、
35年前のミシンを見てほしい旨、連絡いれました。

電話口の方は、それこそくじ引きの×を引いてしまった口調でしたが、
受け付けてくださいました。

この機種、12色のカラー糸がついています。刺繍カムなんていうのも付いていました。
刺繍ができるミシンだったんです。

モーターのベルトが切れたとか、カマが割れているとか。
よく使いましたから。

技術者の方が、直線縫いと、ジグザグ縫いだけだったら、新しいモーターで
できるとのこと。

日本の「技術」、「部品の保管」というか、「技術者」
すごいですよ。
改めて写真でみると、惚れなおしますネェ。

番頭ブログアーカイブ

2017年12月 (3)  2017年11月 (2)  2017年10月 (2)  2017年9月 (1)  2017年8月 (1)  2017年7月 (1)  2017年6月 (4)  2017年1月 (1)  2016年12月 (1)  2016年10月 (1)  2016年4月 (1)  2016年3月 (3)  2015年11月 (1)  2015年10月 (3)  2015年9月 (3)  2015年8月 (1)  2015年7月 (4)  2015年6月 (3)  2015年5月 (4)  2015年4月 (3)  2015年3月 (3)  2015年2月 (4)  2015年1月 (4)  2014年12月 (6)  2014年11月 (5)  2014年10月 (4)  2014年9月 (6)  2014年8月 (15)  2014年7月 (16)  2014年6月 (18)  2014年5月 (26)  2014年4月 (8) 

お問い合わせ先 0797-32-8554 株式会社市居総合計画 芦屋市船戸町9番7号
open 9:00 - 18:00
(打ち合わせのため、土、日、祝日休み)

メールでのお問い合わせはこちら