アヤちゃんみていると、老い先を見ているようで。

番ネコアヤちゃんは、加齢のせいか、わけもなく、叫びます。ただ、叫んで、家の中を走り回っています。ちょっと驚き。昔コジローと獲物を追いかけていた全盛期を思い出すのでしょうか。日常の動作も所長が発明したスキップステップでうまく階段を上がり下がりできたと思ったら、急に忘れて、オロオロ立ち往生。番頭、「こうだったでしょう。」と補助すると、「そうそう、おもいだしたわ。」と下がってきます。食欲がおおせいで、見張りもいまだに毎日。そのままうたた寝することもしばしば。日々アヤちゃんと居ることで、自分の老い先が見えてきます。私は何を叫ぶのでしょうか。「ヤッホー」かな。

番頭ブログアーカイブ

2017年12月 (3)  2017年11月 (2)  2017年10月 (2)  2017年9月 (1)  2017年8月 (1)  2017年7月 (1)  2017年6月 (4)  2017年1月 (1)  2016年12月 (1)  2016年10月 (1)  2016年4月 (1)  2016年3月 (3)  2015年11月 (1)  2015年10月 (3)  2015年9月 (3)  2015年8月 (1)  2015年7月 (4)  2015年6月 (3)  2015年5月 (4)  2015年4月 (3)  2015年3月 (3)  2015年2月 (4)  2015年1月 (4)  2014年12月 (6)  2014年11月 (5)  2014年10月 (4)  2014年9月 (6)  2014年8月 (15)  2014年7月 (16)  2014年6月 (18)  2014年5月 (26)  2014年4月 (8) 

お問い合わせ先 0797-32-8554 株式会社市居総合計画 芦屋市船戸町9番7号
open 9:00 - 18:00
(打ち合わせのため、土、日、祝日休み)

メールでのお問い合わせはこちら