2018年7月2日~粋栖A-be友旅追想・71~「輪行でズーリックへ・2」

道楽草michirakusou

2018年7月2日月曜日晴れ。

zeitplan

plattform

~粋栖A-be友旅追想・71~「輪行でズーリックへ・2」

さて、バーデンの駅は都市人口が少ないわりに、特急クラスの列車などが停まる。チューリッヒへは15分、バーゼル、ベルンへも1時間ほどで着く。時刻表を見ても数分単位で普通と特急が行きかう混雑ぶり。まるでわが街As駅が新快速停車駅なのと重なる。でも、少女がヘルメットかぶったまま、自転車と一緒にホームで待っているなんて、羨ましくというか、自分もA-Bike随伴だから、いいね。

廻日録kaijitsuroku2017年~2007年の7月2日夏至geshi(末候)・半夏生hanngeshouzu

2017年日曜日晴れ。

~昨今草~「指圧水圧」

Hm市の市民プールは進んでいる。どっかの市にも、「今時これが当たり前」お伝えしてほしい。回数券もカードに相当額を相当額を入金しておけばよいし、有効期限がない。室内には温水の流れるプールやジャグジーまである。夏には大きなバケツから一定間隔で大量の水を浴びる恐怖体験も人気だ。太い蛇口から一定の水が落ちてくるところは、まるで滝行のような気分になる。それでわかった。滝行ってのは、精神修養でもなんでもない。水による指圧なんだ。これこそ水圧。

小若家族と市北部のMdまでキャフェ村視察。その後、近くの室内プールへ寄るが、夏の雰囲気に合わず退出。昨日と同じTboプールまで。バケツ水浴びなどで遊ぶ。

2016年土曜日曇り。

「バックテーブルとヒットテーブルご案内」及び「ステイ・オールド・14」※リンク!
50年前のマイブーム・チャート※「HITTTABLE」をどうぞ。全米の今週はフランク・シナトラがトップ。ビート・ポップス時代に、まだまだ保守勢力も残っている。本日はトム・スプリングフィールド生誕日。1934年生の82歳。当時は32歳だったわけだ・・・と言われても誰かな?と。今週全米5位のダスティー・スプリングフィールド(故人)のお兄さん。それだけじゃない。イギリスのフォークグループ、シーカーズのヒットを書いた作曲家でもある。1967年のスマッシュ、※「ジョージー・ガール」だとわかる人も出てくる。彼らの最初のヒット、19

勢揃い

65年全米4位の※「恋はたった一つ」がスゴク好きだった。45スピードのドーナッツ(シングル)盤を買った。今でもどこかに置いてあるよ。この曲が意外と知られていなかった。友人で当時のビートポップス好きにも覚えがないと言われてショック。彼は50年間、私にとって重要な人。久しぶりにyoutubeを見たら、こんな良い2014年カバーがあった。挿入写真も味がある。最後に出る、老婆のブランコを押老爺・・「お前以外は見てへんよ」。まさに※「老いはたった一つ」じゃないか。

 
午前、17x邸変更案スケッチ。昼から小若たちと近くのガーデンパークでサイクリング。
 

2015年木曜日雨。
「バックページ~命日の記憶・33」※リンクあり

ヘミングウェイ、1961年7月2日、 1899年生の61歳。死因は銃の事故、自殺?「老人と海」「キリマンジャロの雪」「誰が為に鐘は鳴る」「陽はまた上る」「武器よさらば」・・人気作家にして、豪放な体躯、生活、遍歴。ともかく、こわいけど人懐っこいオヤジさんだったのでは。ところで、BEE GEESの曲※「for whom the bell tolls」は1993年作だが、ヘミングウェイが聴いたらどう感じただろう。1952年か、映画化されたときの※ビクター・ヤングのスコアーとも比べて・・・。

16x邸のプランスケッチ。桁行き5.5間から5間へコンパクト案。意外と早くに原型が固まった感じ。昼前食材マーケットPyへターン。なす、細もやし、ヒイカ、イワシ、キハダマグロ、剣先イカ、絹厚揚げ、卵、特濃」牛乳。

2014年水曜日曇り。
[boomtable 2014/7/2(毎水曜日リリース)創刊10号~古今東西好きな曲を、同じタイミングで聴く]
6位以下はHITTABLEでリリースします。
シングル・チャート
1位(- – – )heaven・・・nancy griffith (2000 julie gold)
2位(- – – )your kite,my kite・・・brooklyn bidge (1968 tony romeo)
3位(- – – )if these walls could speak・・・nancy griffith (2008 jimmy webb)
4位(1 1 – )that’s what friends are for・・・dionne &friends(1986 burt bacharack1982)
4位(6 11 7)book of days・・・enya (1991 enya)
アルバム・コンサート・チャート(略称アルコン・チャート、ex.編集アルバム)
1位(- – – )rag doll・・・4 seasons(1964)
2位(- – – )brooklyn bridge・・・brooklyn bridge(1968)
3位(8 7 6 )human nature・・・america(1998)
4位(2 1 – )the magic garden ・・・5th dimension (1967)
5位(1 – – )cheap thrill ・・・big brother & holding company (1968)
高層残材

丹人にて7時15分発、高速でホームセンタープロ7時40分すぎ。玄関土間式台関連の補充木材、束石とハンガーバー購入。約1時間費やす。9時前13y邸現場着。既にバト詰め、タケちゃん組4人、ダリ切り込み。バト詰め。建具柿渋とベンガラ塗り。ちょうど13余母様とお会いして、押し入れの棚詳細打ち合わせ済。トウさんとユウくんは玄関土間配線隠しの続き。タケちゃんは玄関土間式台継続。バトと2人でポーチと外部にある木材と中二階の残材の整理。ワークショップに寸法形状毎に揃える。その間トウさんが和室押入造作。途中軌道修正あり。17時過ぎ帰路途中酒屋スーパーSp、エクスポルトとピルス・エッティンガーのビール、くるみ、ミックスナッツ。スポーツクラブお休みで18時半帰宅。夕食、深夜までブログ。

 

 

2013年火曜日曇り。
珪藻土やモルタルの袋詰めの重さは25kgである。20㎏のものもあるが、一段と重さがこたえる。以前の体にこの重さが宿っていて平気だったことが信じられない。街で見かけるメタボな人を見掛けても笑えなくなる。重さが人体に宿るということは、それほど悪魔的と言えるかもしれない。

降水一気小若

朝散歩なし。小若家族送迎で7時半発8時半戻り。徒歩にて9時半メゾン。珪藻土塗りとドア改修工事の立会い。10時防犯カメラ打ち合わせ。11時半終了、ドアのチェック、一旦帰路。午睡。13時半新アルト車検のため代車にてrワゴンでメゾン。5階北ドア改修もお願いする。15時半終了、一旦帰路。自転車でメゾン16時前。番頭と小若を迎えて今季開幕2回連続でプールへ。17時半帰路。途中またまたメンチカツなど。18時帰宅夕食小母らと。夕刻駅前高級スーパーにて、バター2個。修繕委員会説明会の資料チェック。ブログ。


2012年月曜日曇りのち晴れ。

 端材で作ったテレビ台

4時半起床。朝食、5時40分発、電車、電車、飛行機、電車で10時過ぎ12x邸。今回は踏み台材を残材端材でつくるため手荷物移動。チェックイン計量では重量は12.2㎏だった。ノシ組2人とトロ1人。サブは既に戸袋建具や神棚、トイレ棚など終えている。さらに今回の残材による踏み台、テレビ台、洗面棚などテキパキと、こなしていく。その手際の良さ。私は丹人に残材を積み込んでいく。ワサは紐打ち。トロは床タイルモザイクを貼ったところだが、真鍮レールに調整の必要を指摘。明日修正とのこと。前回丹人を敷地内に停めた際、斜め駐車になったせいで材がばらけてしまったのを修正する。9時過ぎ足場シートだけ外しにセチ商会の人1人。外観の全体像がよりはっきりと。平屋にもかかわらず堂々威風の感。昼食はエアポート弁当、午睡。13時過ぎ12x様来場。いきなり外壁仕上げを見てニコリ、「ホォー」。週末は忙しくて現場に来れなくて今初めてご覧になったようだ。スサのアクが一段と荒い強く、若さを印象付けて感じよくなっている。入居時期と外構などの引き継ぎ打ち合わせして、ベンガラ塗りをされる。15時前お迎えの方に手を引かれたズカが声をかけるが元気がない。「おじさんは大工さん?」「僕んちも建てて欲しい・・」などと照れながら話すが、いつものように家の中に入ろうとはしないでバイバイ。きっときつく言われたのだろう。もう家中に入ることはないかもしれない。17時過ぎ12x様は現場に残ってもらい、残材を結構荷積みした丹人にて帰路。11y邸はバト詰め。週末にスケッチしたガレージのアール部分床張り。未明ブログ。

 
 犬走りのガンコマサ

2011年土曜日曇り。
10ex邸番頭と電車で9時着。外構レンガ工事、シゥー組2、タケ組1、12時退出。10z邸残工事バト詰め、10z様1、外構3。

2010年金曜日。
2009年木曜日。
09x邸 雲行き。
 
2008年水曜日。
07y邸 面格子製作。
 
2007年月曜日。
07x邸遠望。
 

 

お問い合わせ先 0797-32-8554 株式会社市居総合計画 芦屋市船戸町9番7号
open 9:00 - 18:00
(打ち合わせのため、土、日、祝日休み)

メールでのお問い合わせはこちら