2018年7月3日~昨今草~「寝過ごし鉄道」

道楽草michirakusou

2018年7月3日火曜日曇り。

~昨今草~「寝過ごし鉄道」

仕事帰りの場合、疲れて寝入ってしまい乗り過ごすこともある。でも、今回は往きの電車で乗り過ごしてしまった。めったにないこと。4人掛けの席にいた時は、他の客との距離感で緊張していた。途中で空いてきて2人掛けの一人に移った、その途端眠り込んでしまった。警戒しなければと思ったことが、現実になってしまった。歳をとると、心配事が現実になる割合が多くなったように思う。新快速は名の通り降りるべき次駅は通過。執着駅まで行き、戻りは鈍行というノロノロパターンに陥ってしまった。

廻日録kaijitsuroku2017年~2007年の7月3日

2017年月曜日晴れ。

~リメンバ-・ホェン~1967年・2-4~「愛する君へ」

大好きなグループでもなかなかLP購入というわけには行かない。ハーマンズ・ハーミッツやラヴィン・スプーンフルがその例。ビーチ・ボーイズやサイモンとガーファンクルと同様、即ではなかったが購入にこぎつけたのがママス&パパスだった。大ヒットしたデビュー・アルバムはスルーしたが、シュレルズのカバーだった「愛する君へ」の入った3枚目はどうしても欲しかった。ちょうどアメリカ帰りの幼い姪と聴いた、あの夏休みの日々が懐かしい。

 

小若学校送り。午後、帰校時小若が定期忘れで、モールトン快速で手渡し、何とか間に合う。帰路Et百貨店、縮緬、卵、アジ開き、ヒラメ、辛子明太子、めじマグロ刺身、ネギマ焼き鳥。

2016年日曜日曇りのち晴れ。

「ステイ・オールド15」※リンクあり!
ジュディス・ダーラム、1943年生の73歳。元シーカーズの紅一点ボーカル。エポックで再三にわたって※再結成コンサートを開いている。2014年は50周年では、さすがに爺さん婆さん。でも、メンバー移動なく50年は多分他に類を見ない。7月2日生のトム・スプリングフィールドの曲をヒットさせたのは彼女彼らの功績。1965年、16歳の少年のお気に入り、※「恋はたった一つ」から51年だ。ジャケット写真が懐かしい。

休養日。

2015年金曜日曇り。
「バックページ~命日の記憶・34」※リンクあり

ジム・モリソン、1971年7月3日、 1943年生の27歳。死因はヘロイン過剰。※ドアーズのリードボーカル。1967年夏※「ハートに火をつけて」で全米№1。7分の原曲、ロングバージョンもよく流れた。1968年当時、ゴーゴー喫茶でこの曲を踊った覚えがある。圧倒的なボーカル、ベースがいなくてオルガンが兼任した。そのオルガンのイントロでグイと掴んで、リードギターの長いソロが決まり、最後にジムが叫んでエンド。ジムのワンマンバンドと言われたが、この曲に限ってはポップス史上、ビートルズに劣らない画期的なグループ・サウンドだった。その後数年は堅調だったが、肥満も激しくなったという。

ジャックとクスノキ

16x邸プランスケッチの続き。昼前モールトンにて食材マーケットPy。上乾ちりめん、ニンニク、グレープフルーツ、豚肩ロースブロック、鶏もも肉、イワシ、アサリ、絹厚揚げ、バター、さけ中骨水煮缶、バナナ。続いて欧風惣菜Mg、腸詰ソーセージセット。夕刻スポーツクラブEe、筋トレ。帰路途中酒屋スーパーYy、シュバルツビール。

 
 
 

2014年木曜日雨。

「梅雨空の山歩き~昨今の話題」このところ毎日曜日午前中は山歩きと決めたが、先週は午前だけの雨で断念。今週も晴れとはいかないが、天気予報では雨はない。で、いそいそ身支度して前回ルートのRrコースの応用演習にでかける。ところが勉強不足で途中から道を外して、崖状の行き先に不安がつのり、立ち往生になってしまった。あっさりとリタイアーできたのは、山の怖さがわかってきたから。家の近くの山しか登らないし、もう少し予習して気軽に再チャレンジ。ところで、シャツどころか頭に締めたハチマキも汗でボトボト。冬の山歩きを始めて半年、もう季節は夏本番。

 
朝、丹人にて環境センターへごみ排出。終日事務所。14y邸断面カナばかりスケッチ。駅前スーパーCp、キハダマグロ、本鯛天然短冊。13y邸はバト詰め。タケちゃん組4人。式台等。ブクタイル、コーキング。ダリ切込。夕刻スポーツクラブ、ライトウェイトExs。

2013年水曜日雨。

06x邸再訪

 新アルトが車検に出ている間、Rワゴンが代車になってCB登場。軽でも最近はゆったり感がちがう。丹人ほどではないが天井高、ハンドブレーキのないがアームレストのあるフロントシートなど。しかし何と言っても、停止時の自動エンジンオフとスタートするやオンとなる、いわゆるアイドリング・ストップが一押し。

7時半丹人にて小若家族送迎8時前一旦戻る。8時過ぎ電車にてターミナルから大橋経由、06x邸再訪10時前着。模型と図面でアヅマヤの打ち合わせ。現場目視。12時、奥様手料理のハモと茶碗蒸しいただいて13時半発バスで帰路。14時半着。電車帰宅。夕方豪雨で雨戸締め。18時小若出迎え、高級スーパー。ベトナム風春巻き、ローストビーフ、がんも、豆腐、プラム。夕食4人で。

2012年火曜日曇りのち雨。

 
12x邸 全容

未明ブログのため目が覚めたのが7時前。ザメ旅館発残材とともに12x邸着8時過ぎ。ノシ組は今日からテーブル、ベンチつくり。トセは浴室レールの調整します、とトロと浴室へ。12x奥様入場、冷飲料差し入れ。足場解体の前にベンガラ塗りされる。キミ電気2人が入場。2階の配線工事にかかる。浴室の2人はレールカットの後タイル補修してトセだけ退場。トロは最終工程の木部と浴槽取り合いシール。昼食、車内助六。午睡なしで荷積み残材のチェックをして13時過ぎ現場に戻ると、既にトラック2台の5人が道路上セット終わって待機していたのにびっくり。足場の解体である。外国人も入った解体作業は意外に素早い。14時40分退場。初めてお披露目の12x邸は硝子こそ入っていないが平屋のわりに堂々としている。敷地から地盤が上がって高く見えるのと現場直前に軒高を上げたせいであろうか。15時の休憩時。建物南に座っているサブとワサの前を、小学生のズカがニコニコしながらも手を引かれて通り過ぎていく。サブが声かけてもいつもの元気良い「おじさん!入っていい?」が聞こえない。ここのところ一人で寄り道することがなくなって、もうあの無邪気さはないかもしれない。16時過ぎ12奥様再入場。コンパクトなカツサンドなど差し入れ。サブはテーブルを、ワサはベンチを完成。テーブルの引き出しは、サブが工場で材を加工してくれると言う。ワサは式台の加工始めて今日は終了。11y邸はバト詰め。雨のため煉瓦はお休み。セバ電業が照明器具取り付けを大方終えたようだ。雨脚の強くなった17時過ぎ帰路、途中スーパーに立ち寄って散髪1000円カットとTシャツ2枚購入。旅館まで強い雨が、しかもいつもの究極のガレージが他車で埋まっていて、やむを得ず徒歩7分のガレージまで往復するはめに。その後は外出できずカツサンドを夕食に頂く。夕刻ブログ。

 

2011年日曜日曇り。

2010年土曜日。
2009年金曜日。
09x邸 小屋棟野地板。2008年木曜日。

2007年火曜日。
07x邸 吹き抜け手すり見上げ。

 

お問い合わせ先 0797-32-8554 株式会社市居総合計画 芦屋市船戸町9番7号
open 9:00 - 18:00
(打ち合わせのため、土、日、祝日休み)

メールでのお問い合わせはこちら