2018年7月12日~粋栖A-be友旅追想・73~「輪行でズーリックへ・4」

道楽草michirakusou

2018年7月12日水曜日晴れ。

platform

cycle girl

~粋栖A-be友旅追想・73~「輪行でズーリックへ・4」

バーデンからズーリックまで約15分のノンストップ。これだったら、芦屋から大阪までの快速のようなもんだ。ターミナルだから全員降りる感覚は、阪急電車かもしれない。乗った電車は旧車両だったが隣には低床スキップフロアー型が停まっていて、ワクワク。さっきの女の子も降りて自転車を押している。こんな風景もまた、ワクワクだ。

廻日録kaijitsuroku2017年~2007年の7月12日小暑(次候)shousho・蓮始開hasuhajimetehiraku

2017年火曜日曇り。

~ユルリ歴男100~1917年「ラストエンペラー」※リンクあり
黎元洪は軍事力のない名ばかりのトップ。 独裁しようと企てる野心家の 段祺瑞をよしとせず、張勲 を北京に呼び寄せる。ところが張勲は 清朝の復活を企む 辮髪将軍だった。北京に入るや、12歳の溥儀を清朝皇帝に即位させて、7月1日、清朝を再興させた。しかし「ドタバタ劇」は終わる。黎元洪は段祺瑞の軍団を許し北京に入城させた。溥儀はずか12日間で退位、張勲はオランダ大使館へ逃亡した。これを張勲復辟事件と呼ぶが、映画『ラストエンペラー』を思い出した。その後大満洲帝国で皇帝に即位するも波瀾万丈の生涯の始まりだった。
早朝食パン買い、Dyコンビニ。小若を学校送り。スーツケースRc発注。午後小若のパスポート写真撮影でKmカメラ。
 
2016年7月12日(火)雨のち曇り。
「アサリは?」
小母宅最寄のスーパーLmの雰囲気は、少々バタ臭い。どこでもそうだが、ここは特に売ってるものも産地を注意しないとヤバイ。ところがアサリは違う。網パックで冷水にてあるから、元気よく潮吹きしているものが買える。しかも地元Hn湖産。以前08y邸に赴いたとき、旬の時期、施主からたくさん頂いたことが忘れられない。毎年めぐってくるこの頃、毎日2パック買ってきてアサリ汁を楽しんでいる。最近はこれにも植物ミネラル添加して、小若も元気もりもり・・・元気って、気の元に思いやればいい。

そろばんのお供

 
17x邸確認申請図面。午後から小若そろばん。20時新幹線、夜半納谷組。
 
 
 
 


2015年日曜日晴れのち曇り。
「人輪生活のご紹介」

フリーペーパー

先日取材を受けたフリーペーパーの記事原稿が届いた。シーダ・バーン前で撮ってもらった写真が、田舎屋風の背景とあいまって雰囲気をつたえている。この季刊紙は自転車の初心者と文化系自転車乗りのためのフリーペーパーで、京阪神を中心に全国のショップの店頭に置かれるそうで、もうすぐ発刊。取材当日は勢い余って何時間も話し込んでしまった。そのなかで印象深かった「自転車で輪行する・・分身になってるんですね・・半身半魚の人魚じゃなくて、半身半輪の人輪」あたりが、簡単なインタビュー記事となっている。正確にはNINRIN LIFEかもしれなかった。

 

Ot茶屋のおでん

9時発山歩き。ちょうど木田バスに乗ってHo山下車。As川右岸沿いに下って、Ar山に登りKz谷からKz滝の茶屋。おでんとビール食して、タクシーで帰り。相席の男性が、「僕も半分払うから乗せてって」と。午後AoプールとスポーツクラブEeにて筋トレ。

 
 

2014年土曜日晴れ。

虫はいるかな

「からだとデザイン~昨今の話題」
住宅設計の仕事をしているが、自分のからだの設計については何も知らないも同然かもしれない。でも、確かにからだには設計が存在するわけで、そんなことは今まで誰からも教えてもらっていない。私たちの周りには、生理学、栄養学、体育学、医学、心理学などときわめて細分化され断片化した情報しかない。住宅設計は総合的一体的でなければならないことからも、人のからだを一体的デザインとして眺めなければならないと思nう。

小若宅泊。小若と虫捕りに公園まで出かけるが、いない。昼前最寄スーパーFo、ウィルキンソン炭酸、牛乳、グルメファン、マミーキッズ、シュークリーム。14y邸スケッチ進める。13y邸現場はバト詰め。タケちゃん組4人、 ロフト床、ロフト階段。ダヤ設備。

2013年金曜日晴れ。

みんなで面白い積み木

フラワー・ムーブメントの音楽で、Paradeも1曲だけヒットを放つ。sunshine girlであるが、それこそ本当にラジオの片隅の奥から聴こえてきたときのことを覚えている。FENという英語放送なので、暫くは誰のどんな曲かわからない状態で、テープに記録した曲を何度も聴いたものだ。もちろん勉強そっちのけで。

小若送迎も今朝で、この場所ではラスト。いつものパターンで丹人をメゾンにて乗換、新アルトで帰路。徒歩にて9時前メゾン。設備業者による水質検査と汚水漏水のあった住戸配管更新。10時過ぎその住戸のパイプシャフトから熱湯漏れ。一旦給湯ヘッダーから順に停止した後、復旧。留め金のところで電蝕があったか。いずれにしろ、
配管径が小さくて溶接ができた。臨時総会議事録とメゾンのこれからを追加コピー。16時メゾン全行程終了。小若と番頭でプールは18時まで。老舗肉屋でコロッケ、メンチカツなど購入して夕食。

2012年木曜日雨のち曇り。

 
10e邸敷地視察

昨週末に長期遠方管理が終了して以来、体は徐々にその疲れが取れてきたようにも思うが、精神的に切り替えが出来ていないような状態である。与えられた課題をこなす程度の日々が続いている。午前中はそれもなく、時間をやり過ごしているという感じ。昼食は冷やし中華、午睡の後13時半過ぎ電車、地下鉄で終点駅へ。15時に待ち合わせは、10e奥様とお子様。今年の冬以来3度目の敷地、2度目の視察である。駅から車で10分そこそこ、着いたところは田舎家を散見する田園である。古家が立っているが、これを解体してCBを建てるには、法的な壁があるという。もう一息、詳しい内容を詰めていただくとして帰路。17時に戻って夕食、ブログ、就寝。
11y邸はバト詰め。タイル2イロリ石下地等、ダリが建具建付け、クム大工式台等、ジマ工業1水道メーター移動。12y邸シゥー組が束石コン打ち、午後からチアが看板取付け、ポスティング、道路使用許可受け取り。

(11月15日アップロード時点のコメント)
JACKSON・BROWNEの続き。1948年10月9日生まれだから1学年先輩だ。あれ?FRANCE・GALLはそのまた1学年上の10月9日生まれだっけ。なんか私も入れてこの3人は同窓生のような気がしてきた。それで、JACKSON・BROWNEは1994年、彼が46歳のDVDを購入したのだが、これがなかなか行けている。まだ才能は枯渇していなかった。FOR EVERYMAN SLEEPS DARK & SILENT GATE もよかった。それに当時の新作の演奏もいい。

 
2011年火曜日曇り。
午後より教習所、技能2時限 最終卒業前検定89点で合格。11x邸チア、地盤調査立会い。10z邸引き続き外構3。2010
月曜日雨終日事務所。10x邸バト詰め。2009年日曜日。2008年土曜日。2007年木曜日。

お問い合わせ先 0797-32-8554 株式会社市居総合計画 芦屋市船戸町9番7号
open 9:00 - 18:00
(打ち合わせのため、土、日、祝日休み)

メールでのお問い合わせはこちら