2018年10月16日~ハロー!OK?ドイツ語はじめ・1~「いきなり英語かと」

道楽草michirakusou

2018年10月16日火曜日曇りのち晴れ。

~ハロー!OK?ドイツ語はじめ・1~「いきなり英語かと」

大学の時は第2外国語はロシア語だったから、今回のマンツーマンレッスン受講は生まれて初めてということになる。スイスに旅行して思った。観光旅行では英語で構わないが、普通のレストランメニューや看板、標識などはドイツ語だったし、北西部などはフランス語である。とにかく、英語だけでは通じないのが普通だった。そもそもスイスの日常の暮らしを見たくて旅行したのだから、言葉が分からないのもくやしい。今からでも勉強してみようとなった。検索してスイス生まれの大阪在住の先生に直談判に伺った。会って「ハロー」とか、話してみて「OK?」と言われて、え?・・そうなんだ。とっつきやすいよ。

廻日録kaijitsuroku2017年~2007年の10月16日

2017年10月16日月曜日雨。

~スイスのスイ(粋)・9~「スーパーマーケットにて」(スイスの街角から0090910抜粋)

「スイスの街角から」という、スイス在住の奥様の人気ブログがある。日常のことなど勉強になるので、自分なりの解釈で抜粋してメモっておこうかと。大きめのCOOPで、 週に一度の買い物をして会計へ。レジの女性が「後ろに並んでいる人、 “すぐに済むから ”  先にしてあげてくれない?」と。町なかのスーパーでは、「MAX 5」 と書かれた急いでいる人用(=少量)専用レジがあり、 ランチタイムにちょっとお買い物という場合などはにぎわう。普通のレジでも、 自分が多い目の買い物で後ろの人が少量の場合、レジに言われるまでもなく「あなた、お先にどうぞ!」がマナーのようだ。日本でもそういうことがあって、気になることがあった。自然なマナーだね。after you ドイツ語でnach dir ナッフディア。

夕方、駅前スーパーCp,醤油、ささみ、手羽元、牛赤身ミンチ。

2016年日曜日曇り。

「新しい空港」※リンク!
帰国便のトランジット空港が※Th国の新しい空港だった。修行中、仕事で訪れた30年ほど前はなかったので、今回降り立ったのは初めてで、どんなんだろうと期待した。設計が著名建築家らしいが、確かにデザインは人目を引いている。屋根伏せから見ると、テントとガラス屋根の単純なパターンを繰り返したものだが、これが立体になったらこうなるんだ、というお手本だろう。残念ながら滞在時間が早朝だったせいか自然光に恵まれず、感動はなかった。というよりも、この単純な空間を相当な距離歩かねばならないという、精神的負担を感じてしまったのが正直なところか。

 

 

 

2015年金曜日小雨。
「再訪」※バックテーブル順延

久しぶりにお伺いした遠方の12x邸。もう忘れていたところもあったせいか、新鮮に感動できた。とくに小屋裏のB&B風の雰囲気・・これは住み手のセンスでもあるが、やっぱいいなぁ。小屋裏だから柱があるっていうのもいい。夏は暑いが最近のシーダバーンでは、真夏も下階に下りない。体が慣れてきたかもしれない、と伝えたら目を丸くされたけれど。帰路の立ち寄り、道草は、またまた雑誌編集室へ。昨年も同じ行程で雑誌掲載に至ったことが頭をかすめて、「花咲か爺です」と言ったら(笑)。

小屋裏もう一方

早朝小若宅出発。ターン&トラヴォイ輪行。Hm駅始発。新幹線、電車乗り継いで12x邸へ。予約なしで1年ぶり再訪。12時に退出、電車にてKst駅下車。通りがかりのお店で、おばあちゃんから手土産の緑茶購入。その足で、某雑誌編集部へ。しばし歓談の後、16時過ぎTk駅から帰路。キオスクで購入、車中プレモルとヤキウルメ。

 

2014年木曜日晴れ。
「モールトン輪行」
電車に乗って行く先々の駅から現地まで輪行するというのがモールトンの基本。用事もなければ構わないが、まだまだ仕事がらみで荷物も重たい。しっかりとした荷台と5キロ10キロの走行には、もってこいだと思う。駅での分割、組み立て、乗車が煩わしいと思われるが・・その逆で、早めの立ち上がりで、ゆったりとした時間を楽しむというのも、歳相応の発想かもしれない。

 

地層を見る

8時発モールトン輪行、電車9時Aks駅から10時14y邸。公的埋蔵文化財調査の立会い。たぶん何も出ず、11時半野菜など産直を買って帰路、12時半Trm駅着。構内コンビニHi、ゼロゼリー。15時。国道スーパー横散髪屋Do。食材、レモン炭酸、ウィンナー、とうふ、にんじん、しいたけ、ゼロ麺、大根。夕方酒屋スーパー、赤ワインソービニヨン,メルロ―、コロンビア豆、ヘーフェヴァイス。夕刻、スポーツクラブ、レッスン。ライトウェイトエクササイズ。バト、市役所から12x邸現場。
2013年水曜日雨のち晴れ。

すっきりした小屋

Howard jonesのつづき。歌と言うのは不思議で、その人その人で全く曲想が違うと言うか、メロディを聴いただけで顔が浮かんでくるところがスゴイ。彼の曲想も全く他の追従を許さないし、短期間の間に出来た数量も半端じゃないから、ベストアルバムなども編集に苦労しただろう。今聴いているのは1991年、人気の陰った36歳のin the runningと言うアルバムからの曲群。City songやfalling away、two soulsなど枯渇しない実力を見せつけた。

 

夜半から台風、朝方強風。7時半起床。経理レシートの続き、薪の整理完了。夕方、老舗肉屋牛切り落とし300、続いて駅前スーパー、スタウト、プレモル、さんまお造り、牛赤身ミンチ、タチウオ刺身、がんも、豆腐、厚揚げ、レタス、ちりめんじゃこ。駅前デパ地下、焼き魚その他。夕刻ブログ。

2012年火曜日晴れ。

11y邸石改修工事作業場

8時前11y邸現場。石風呂改修工事。ズイとトゴ。砂が3袋足りないし、現場のスポット照明がないと暗いので取りに戻るために一旦帰路。チダ商店は結局2往復。いつもの息子さんいなくてお母さんが応対するが、思った以上に力持ち。25kgのモルタル袋を軽々と・・コツがあるらしい。昼現場弁当は、さんまとぴーまん肉詰め。帰路途中駅前スーパーで食材。生さんま、甘口塩サケ、十割そば3こ、レタス、ブロッコリー、ポークウィンナー、ピオーネ2こ。弁当持ちかえって番頭と昼食。12y邸はバト詰めで造作本棚。夕方駅前デパ地下でパン数種類購入して17時半帰路。夕食キムチ鍋。

 

小若滑り台
パン屋さん

2011年日曜日晴れ。
完全休養日。丸二日間の断食を終えて芦屋神社に詣でた後、普段の朝食に戻す。通常の体重に戻って一安心。食欲は断ちながらも、昨夜からネットで食べログを見ていたのだが、芦屋には著名レストランなどが少なからずあることを再認識。昼前、番頭と連れ立って散歩がてら、人気店巡り。

ドイツ惣菜屋さん

そのうちの一店、ドイツ惣菜屋で瓶入り粒マスタード、ウィンナー、キッシュなど買い込む。近くのお客さんひっきりなしの人気のパン屋ではハーフブレッドのみ。お持ち帰りで遅い昼食。シーダ・バーンに暮らし本場顔負けのお店の逸品を食す休日があるなら、時間とお金をかけての遠出は無用。夕食も軽く、断食反動の大食いもなく一日が終わる。11x邸、リオとジョア ベンガラ塗り。

 
10z邸
 
10z邸基礎コン流し込みバケット
2010年土曜日晴れ。
ベースコン打ち。夕方フェリーで神戸へ。
10y邸はバト。

 
 
 
10y邸
 
 
 
 
09x邸
 
 
09x邸耐火再生レンガ視察

2009年金曜日晴れ。

 早朝より番頭と駅レンタカーで、09x邸用備前オラ工業のレンガ視察。久しぶりの外出。09x  バト詰め。 クム大工 洗面カウンター  タオ左官 漆喰。電気屋セバ3人。造作材納品。
 
 
 
 
2008年木曜日晴れ。
電車古アルト810分殿町08z邸着。カニブリキ2人 樋縦管取り付け 薪ストーブ取り付け 15時終了。 ダリ 内部建具建付け マザー ガラス建具柿渋塗り。 08zさま 柿渋塗り。16時帰路。 ゴノ工作所 バト詰め。キッチン検品。08ex邸 タケ大工1人階段 クム大工 モクセン2階。

お問い合わせ先 0797-32-8554 株式会社市居総合計画 芦屋市船戸町9番7号
open 9:00 - 18:00
(打ち合わせのため、土、日、祝日休み)

メールでのお問い合わせはこちら