2018年6月4日~粋栖A-be友旅追想・64~「バーデンの朝市・2」

道楽草michirakusou

event structure

for riverside elevator

2018年6月4日月曜日晴れ。

~粋栖A-be友旅追想・64~「バーデンの朝市・2」

土曜日の午前10時過ぎというのに駅前の広場は賑やかだ。緑と家とテントに集う人たちがとっても楽しそう。アルプス方面の都市のように、どこかの団体さんに出くわしてしまう・・そんなことのない適度な地方都市の訪問を目指した甲斐があった。新しい木造の骨組は近々開かれるイベントの仮設建物らしい。再三思うが、人口1万数千人の村としては違った意味での豊かさを感じる。真夏だというのに冷房とも無縁。四季折々風光明媚な地域もいいが・・。

 

廻日録kaijitsuroku2017年~2007年の6月4日 

2017年日曜日晴れ。

~マイチャート50~「ドアーズ」

※「HITTTABLE」は半年原本紛失。追加版は1位の連続性重視で2位以下不正確。№1はトーケンズの「ポートレイト・オブ・マイ・ラブ」が強く、一緒に上がってきたハップニングスの「アイ・ゴット・リズム」ともども、コーラス・グループ人気が続く。全米は今までにない曲想の新曲が続々で、エライことになってきた。3週目の「思い出の日曜日」、2週目の「ウィンディ」、「ニューヨーク炭鉱の悲劇」、「花のサンフランシスコ」、「ソサエティ・チャイルド」、そして初登場「ドント・スリープ・イン・ザ・サブウェイ」、「アップ・アップ・アンド・アウェイ」、極め付きは98位にドアーズ「ライト・マイ・ファイアー」。ロスアンジェルスの4人組。ギター、ドラム、オルガンにボーカル(ジム・モリソン)、ベースギターなしのシンプル構成の衝撃デビュー曲。66年夏の録音、アドリブカットの編集は今回のシングル用だが、明らかにサウンドが新しい。今も現役、ギターのロビー・クリーガーが作詞、作曲はオルガンのレイ・マンザレクとの共作。「エド・サリヴァン・ショー」では、ジム・モリソンのパフォーマンスのせいで以降二度と出演することはなかった。かくして67年の真打ち「サマー・オブ・ラブ」が早々に、しかも佳境に入ってきた。当時のチャートは※billboardcharts/hot-100/1967-05-20で。バックテーブルは※http://backtable1964.blogspot.jp/まで。

フランス製グリルパン+

休養日。風呂水タンクの移動。スイスアルプスの麓の町VgにあるホテルレストランSng。団体さんお断りのこじんまりとした、内装がすべて木製の雰囲気が気に入ってブッキング。宿泊までの2か月間、通常はキャンセルの繰り返しとなるが、ここだけは不動のホテルとなる。夕刻駅前デパ地下Dm、ローストビーフ、ジャージー牛乳、木綿豆腐、ポークブロック、アーモンド、マカデミアナッツ、クルミ、鶏もも肉、神戸牛、卵。

 

 

2016年土曜日6月4日(土)曇り。

「エレベータな少年」
小若もスポーツクラブに通っている。中身は体操。5階にあるのでエレベータを使う。これからレッスンというタイミングのカゴの中。少し年上の子が開け閉めのところに立っている。入口の正面は壁で、横から客が入ってくるので、身を乗り出して、確認し始めた。お母さんらしき方が「そこまでやんなくてもいいのよ」と言うと同時。「ボク。気配りがすごいね。こんなに親切なのはじめて見た!」と褒め倒ししてしまった。輪行駅の乗降エレベータでは、だいたい後続がどうなろう

Lbmの活き活きアサリ

と構うなんて、まずあり得ないし。お母さんも恐縮したのか、「そうなんだ。いいことしてるんだ」に方針変更してしまった。

早朝最寄コンビニThkでヨーグルト。小若と体操教室。帰宅途中Et百貨店でソーダボンベ交換。、昼食は親子ドン飯抜き。昼過ぎ食材スーパーLbmでアサリ、バター。14時過ぎ予定遅れて新幹線Hm駅、A-BIKEシティ輪行。納屋組帰路、キオスクでエビス。
 

2015年木曜日晴れ時々曇り。
「輪行ショルダーバッグ」
モールトン輪行の特徴は2分割携行につきる。両方の腕に約6キロの重さだったら無理はない。ところが両手が塞がってしまっては、もう一つの特徴である大型バッグを持つのが辛くなる。そこをメーカーが解決しないなら、自分でやるしかない。手芸屋さんでベルトと金具を買ってリアキャリーごとリュックサックになるように仕組んだ。先日輪行してみたら、これがバッチリ決まった。両腕がフリーだから、広げたり前に差し出したりと、鉄アレイを持ってフィットネスしているよう。となると、コンパクトだが重いの1個を転がすよりはカッコいい?ガッツあるかもしれない。

15x邸の案変更と模型制作のかかり。夕刻スポーツクラブEe、ライトウェイトエクササイズ。

2014年水曜日曇り。
 
[古今東西好きな曲を、同じタイミングで聴くmy hittable 2014/6/4(毎水曜日リリース)創刊6号]
4位以下はHITTABLEでリリースします。
シングル・チャート
1位(- – – )everybody got to learn sometime・・・korgis (1980 james warren)
2位(- – – )king will come(live version)・・・wishbone ash (1973 wishbone ash 1972)
3位(- – – )big girl don’t cry’・・・jersey boys (2005 bob gaudio 1962)
アルバム・コンサート・チャート(略称アルコン・チャート)
1位(- – – )live dates・・・wishbone ash1位(1973)
2位(2 – – )jersey boys・・・jersey boys(2005)
3位(1 2 – )human nature・・・america(1998)

貫板仕上げ
ホーローは重いのが特徴

7時半発丹人にて高速、13y邸8時10分着。既に13y様ベンガラ。タケちゃん組4人。洗面所腰壁、トウさん仏間床、15ミリ貫板たくさん余って、貫板下地40ミリ床張り。タオ左官10時浴槽搬入。5人がかり。タオ左官浴室ブロック積み。手前側おさまらずレンガブロックに変更。穴あきブロックのようにしっかり固まらないので、今日は左官下地はお預け。午後からポーチ引分け窓袖壁、北側給湯器壁。タケちゃん、午後から下見板カラン壁修正、1回クローク貫板仕上げ、押し入れ化粧板、全員。終日13y様と喋り。途中2階クロークで奥様も参加。屋外、北側給湯器と水栓壁確認。洗面脱衣室、窓網戸は南側嵌め込み亀甲。便所、窓網戸は北側嵌め込み亀甲。デッキ上部ひし形隙間外部側縦格子、ポリカはさみ。2か所。洗濯場両側はなし。東側貫間、タテルーバー前4段。位置半ずれ、ゆらぎ。便所手洗い鉢廻り確認。クローク貫板確認。玄関土間敷居確認。隠し階段下収納床範囲確認。玄関土間建具3本引き込み→4枚引違に。リビング境、2枚引違→2枚引き込み、一部窓。和室廻り母テーブル説明。縁側見返りの垂れ壁合板部分は、下地貫板面皮強調縦張り。ポーチも同様。塗り壁前の姿のイメージ。引き分け窓等50角縦格子は暗くなるので中止。インド鉄筋など。窓は面取りとすりガラス組み合わせ、ランマは化粧軒裏につき面取り。南出口網戸は内折れ戸。踏板天井汚れサンダーかけ。廊下しきり、3枚引き込み→4枚引違、ふすま案浮上。あと1本筋は簀戸電話提案バト。サンプル用意。ランマは無双窓、引違。仏間は化粧板なし。キッチンフード説明。サンプルカップご覧。楕円に。後日CAD図面確認。2階廻り階段説明。とりあえずそこまでオブジェとして製作、あとは未完。残材をロフトにあげるため。寝室クローク。抽斗内寸180と150高さ各4段幅750、奥行600.キッチンと同じくらい。上は開き収納。東側クロークスケッチのようなパイプ。折れ戸は4枚。残りは縁側網戸用に。ワークショップ本棚は特に寸法を設けない。貫を追加して貫間の本棚とする。半間は奥行300、一間は奥行き240。隠し階段上はもう少し床張り。あとは棚。外部和室、キッチン勝手からL型に濡れ縁案。13y様ご家族に説得。地面をガンコ舗装しなければ追加多少収まる。庭につきアイデアは賛成。拾い必要。外壁終われば足場とれ、入居の段取りが迫ってくる。17時過ぎ退場帰路地道。途中駅前コンビニLsで、ゲンコツコロッケ、ブランパン、ほろにがブラン。ジムはお休み。夕食早寝。

 
2013年火曜日晴れ。

坂の途中の田園住宅

Jimmy webb作曲でamericaの歌う幸せな音楽がlast unicornという映画のサウンドトラックである。ところがその映像に聴きなれないone dayという歌がかぶさっている。Trading yesterday というほとんど無名のグループだが2000年代に珍しい旋律を奏でている。David hodgesという人が中心で他の曲も、佳作が多い。

 

まず新アルトをメゾンに置いて。桜樹自然歩道を、北へ坂歩き。7時過ぎ帰路。9時メゾン設備屋と漏水工事打ち合わせ。さらに共用部ドアの再チェック。11時過ぎ帰路、高級スーパー立ち寄り、サーモン春巻きとかつおたたき。帰路。バトと13x邸打ち合わせ。説明会報告と議事録と諸々。

2012年月曜日晴れ。
 
 

8時前プロシードにて11y邸現場着。ブクタイル職人3人とダリ切り込み。東側の犬走りレンガの張り始めにつき打ち合わせ。原則外側にラフな面を向けて自然な感じを出すことを伝えるが、タイル屋さんだけになかなか得心してくれない。実際に先行して私が並べてその通り張っていくように仕向ける。バト到着入場。まずは12y邸の太鼓梁問題を聞くと、あっさり単純ミスだったことが判明。犬走りの高さの件確認しながら、南庭のレベルチェックしている際、バトが池への雨水流入がレベル的に低いです、と忠告あり。言われてみれば、そうかもしれない。枡の高さは池水面より高いのだが、肝心のパイプのレベルが低いと、いつも水がたまっている状態になってしまう。最低限、風の渡り廊下の下を通っている管の高さを変更することにする。これだけはやっておかなければ。10時50分メゾン着。ロブとその仲間のモシと設備打ち合わせをして、12時半帰路。

乗り換え途中でオフィス街を彷徨う

休む間もなく、番頭からトランクと弁当をもらって12時45分電車にて、新幹線。3日前割のひかりで16時40分終着駅。終着駅が改修工事中で、地上のオフィス街に出てしまい道に迷いそうになりながら、また地下に潜って地下鉄乗り継いで、雑誌編集部へ。訪ねたところはもぬけの殻だった。移転先に進路変更して、18時前着。若手女性編集者のヤエさんとしばし歓談。直火(じかび)の特集を組んでいるが、何か参考例はないかと尋ねられて、イロリとか薪風呂などの実例を紹介。いつも乗り気になってくれるのは有難い。19時前超満員の電車にて常宿の駅前まで1時間。20時過ぎチェックイン(という雰囲気でもないが)。近くのすし屋で巻きずし等持ち帰り夕食、就寝。

 
2011年土曜日晴れ。
10ex邸電車10時着番頭同席。10ex様1 外構打合せ。10z邸バト外構工事 外構屋2。

 
 
2010年金曜日。
09x邸 門ガレージ
2009年木曜日。
08ey邸 クム大工製作のトップライト軸組みを望遠
 
2008
水曜日
08y邸 小屋裏の朝鮮張り床
 
2007
月曜日

お問い合わせ先 0797-32-8554 株式会社市居総合計画 芦屋市船戸町9番7号
open 9:00 - 18:00
(打ち合わせのため、土、日、祝日休み)

メールでのお問い合わせはこちら