2018年8月5日~お笑い再認識・2~「ウエストランド」

道楽草michirakusou

2018年8月5日日曜日晴れ。

~お笑い再認識・2~「ウエストランド」

社会風刺たっぷりのコント調お笑いコンビ「さらば青春の光」とはちがって、ズバリ一人でくだらない「グチ」を連発しまくるコンビ。といっても相方は¥「木偶の坊」「ウドの大木」。存在感がないのが特徴。その傍らで孫悟空のように縦横無尽にツッコむ特異なキャラだ。「一人ツッコミ」とは、聞いたことないスタイル。想い出せば「ツービート」の頃からあったものかもしれない。

2017年土曜日晴れ。

~スイスのス(素)・12~「ベルンといえば川遊び?」

再訪となるスイスの首都ベルン。オルテンでの川泳ぎの後、一泊しよう決めた。世界遺産とか関係なく、ベルン市民がどんな風に水浴を楽しんでいるのか?川の水は本当にきれいなのか?チューリッヒ、バーデン、オルテンときて、いよいよ本丸。ホテル到着は夕方だったが、近くのロレーヌ屋外プールを下見する。プールといっても、入場無料。川を拡張して囲った釣堀のようなものがあるが、お目当ては川流れと芝生での日光浴。ぞろぞろと川沿いの道を歩いているのは、流れ着いて再び上流に戻るためらしい。今朝はマルツィリという、中央駅から歩いて十数分のプールへ。高台の市街から急坂を下る独特のアプローチ。こちらはレストランや大小プールの設備もきちんとしている。それでも川流れファンがスゴイ。喜々として何百mと流される。小さな橋から、子供も大人もマジ飛び込んでいる。同じ川でもオルテンより上流分、水がキレイ。川に入る前の看板には、異邦人向けか「Aare(アーレ川に被せている) you safe? 」とあった。早朝で気温も低いこともあって、オルテンより短い数十mでチャレンジ終了。冷たい・・・流れが速い。もし到着場を外したらどこまで流される?一見の旅行者にとっては、この距離が精一杯。また来よう。※動画をどうぞ。

~マイチャート50~「エバリー・ブラザース」※リンクあり

※「HITTTABLE」はアソシエーション「ウィンディ」が全米に続いて、一気に首位。新曲はヒットテーブルから。ベテラン、エバリーブラザースの※「ボーリング・グリーン」。全米では6月の小ヒットだった。ケンタッキー州のナッシュビルに近い田舎街のことを懐かしんだご当地ソングだが、ほろっとする様なフォークロック調が好きだった。エバリー兄弟は、ビートルズ世代からは一昔前のグループ。もとはカントリー系だったがロックンロールの要素も取り入れて人気者に。ビートルズやS&Gなどのフォロアーもあって、高い評価が続いた。たぶんバーズのハーモニーにも影響したと思う。たった2人だが、どちらの旋律が主かわからないメロディー・ラインを歌う、クロース・ハーモニーを洗練させた功績は大きい。 全米はニューロック、ドアーズが2週連続。当時のチャートは※billboardchartsで。バックテーブルは※http://backtable1964.blogspot.jp/まで。

spectacle

ベルンのアーレ川でひと泳ぎの後、いよいよアルプスへ。インターラーケンで乗り換えてヴェンゲン村。ユングフラウが見えるし、観光客もそこそこ。でも静かな村でもある。到着後、第2のお目当てのホテルShgで一服。山沿いの村を散策。

廻日録kaijitsuroku2017年~2007年の8月5日 

2016年金曜日晴れのち曇り。

「図面と模型」
普通模型と図面は、時間的にも方法的にも別々に作る。それで、お互いの食い違いや矛盾を確かめて、現物・現場で是正していく。これが、真摯な設計者の為すことのように考えていた。では、図面と模型と実物が同じであるという例はどうなんだ。素人目から見たら、それはそれで説得力を持つ。そんな簡単なもんじゃない、あまり考えを深めなら可能なこと・・と言いたいのが今まで。いや、やはりみんな一緒になったらいいなぁ、が本音とすると。両面に絵を描いてそれを組み立ててチェック。可笑しければ訂正を加えて・・を繰り返せばいいわけだ。図面は厚紙、裏表両面、模型として組み立てる。これは画期的石器かもしれない。

 
 
 

2015年水曜日晴れ。
「ブームテーブルご案内」※リンクあり
デヴィッド・ホッジスが上位多数を占める。※love’s been good to meの首位も長くなったが、※make this church your home、※crowed of me、※he is runningなど新曲はなくなった。そこに、今年初頭の※エリ-・ゴールディングが、※love me loke you doで割って入った。かつてのメロディメーカーだったジャスティン・ヘイワードが、弦楽協奏で健闘。詳しくはboomtable.blogspot.jpまで。

遠望

07x邸修繕工事。ターン往復。昼前、スーパーMnk、炭酸水とお茶。夕方17時前帰路。再度スーパーMnk、ローストンカツ、真タコ刺身、炭酸レモン、お新香、十勝カマンベール、コーラゼロ。ホテル前コンビニ、プレモル、ドライzセゾン。

2014年火曜日曇り。
「仕事のバランス」
若い働き盛りの頃は、なにはともあれ、仕事に没頭することだけでも許された。しかし、いずれ環境の変化がやってくる。私の知り合いの職人さんでも、高齢にともなう様々な理由でリタイアされる方もいる。サラリーマンなら60歳とか65歳という年齢でリミットが切られる。65歳を迎えようとする私の当面の関心事は、実は仕事の維持のためでもある。筋力の維持、食材の選択、広報(ホームページ)。体力、知力、ネットワークの問題が充実してはじめて、デザイン技能が生かされるわけである。

腰板張り始め

丹人にて、9時30分14x邸現場。タケちゃん組4人。腰壁、押入れ仕上げ。ユウくん換気扇フード取り付け。昼、最寄コンビニ、ゆで卵、チーズデザート、6pチーズ。昼過ぎから15時まで、カミ電気、押入れテレビ配線変更とコンセント取り付け。バトは13y邸詰め。シゥー組2人、ガレージレンガ敷き、ダヤ設備漏水手直し。15時半帰路途中、食材スーパーSsにて、生ホタテ、蒸しだこ、豚バラ、ケンサキイカお造り、はまの湯引き、絹厚揚げ、玉ねぎ、キムチ松前風、こくうまキムチ、カイワレ、わら納豆、トマト、なすび、オクラ、もめん豆腐、きゅうり。夕刻、丹人にて番頭とスポーツクラブはヨガ。帰路途中、国道スーパーGcにて、さつま姫牛、ジャージー牛乳、ブロッコリー、セロリ、白菜、万能ねぎ、レタス、南高梅、ソーダ、イカ軟骨塩だれ、炭火鶏、キムチ、ゴーダチーズ、糖質ゼロ麺、やきとり。

 

2013年月曜日晴れ。

赤紫蘇ジュースつくり

遠方まで車で出かけ、Gパンのブランドショップで定価の何着かを買った。通常のコットンに麻、白樺や竹繊維などが入ったものを3種類買って日ごとに履き替えている。軽くて涼しくて、夏の暑さ対策には具合がよい。

丹人にてメゾンへ、番頭とバト同行。防犯カメラ工事初日。署名入り文書がポストに。アプローチ路面掘削から。近接車にはシート養生のお断り。ポール建てと配管取付はスロープ下。高級―スーパーでお弁当は中華、居残り組へ。昼食帰路。午睡。13時半メゾン戻り。工事進捗は予定通り初日終了。

2012年日曜日晴れ一時雨。

ご一家退場と入れ替わる泳者小若

丹人にてメゾンまで。高級スーパー朝市に立ち寄って、食材ゲット。ごぼう、牛切り落とし、赤鶏もも肉、マンゴーゼリー、あんかけ焼きそば、小芋、いもこんにゃく、ピーマン、オクラ、緑豆モヤシ。新アルトに乗り換えて食料買い出し。昼食は中華料理店行きつけにて、あんかけそば、切り落とし牛肉炒飯。午睡の後ブログ。小若お迎えして、いつものプールへ。平日と違って滅茶込み合っているが、小若は暑さしのいで、陽が傾いてから入場。一般家族は帰る時間だから空いてきて都合がいい。18時メゾンに戻って、小若の風呂世話の後帰路。夕食は筑前煮等。このところの普段の日曜日。

2011年金曜日晴れ。

プロシードに廃材積んで退場

ビリ旅館発、プロシード10z邸8:00着。外部犬走りのガンコマサ敷き。トノ、ワキ、カル、ニキの4人。埋め込んだモクセンが浮いてくるらしい。コンクリート釘で止め打つトノ。私は、昨日に引き続き庭の片付けを本格化。残材の杉を適当に折って、薪小屋に入れる。長材はまとめてあとでプロシードに入れる。その他、ベニヤ、紙、ガラは廃棄処分。「誰も手伝ってくれないので」とぼやきながら、タオルと麦藁帽かぶって重?労働。午前からオヤジと他3人撤去作業。中庭が見違えるほどきれいに。最後、プロシードへの長材積み込み手伝ってもらう。ガンコ敷き残りは、あと1日トノたちに任せて、17時半、10zおばあさまに挨拶して退場。ビリ旅館へ、大工宿泊費の支払い。女将さん、長い間お世話になりました。プロシードと共に20時発フェリーへ乗り込む。

10y邸捨てコン打ち風景

2010年木曜日晴れ。
10y邸基礎工事。ベース捨てコンまで。
現場速報-10y邸基礎工事2日目午前
現場速報-10y邸基礎工事2日目午後

 
 
 
 
 
 

2009年水曜日。
08ey邸 側溝整備に道路アスファルト屋さん。

2008年火曜日。
08z邸 上棟終了。

2007年日曜日。

お問い合わせ先 0797-32-8554 株式会社市居総合計画 芦屋市船戸町9番7号
open 9:00 - 18:00
(打ち合わせのため、土、日、祝日休み)

メールでのお問い合わせはこちら