2019年12月21日~Es lebe Popstern ポップスターよ末永く・6~「カール・ウィルソン」

道楽草michirakusou

2019年12月21日土曜日曇り。

~Es lebe Popstern ポップスターよ末永く・6~「カール・ウィルソン」※リンクあり

1946年12月21日カリフォルニア州生まれ~1998年2月6日。ビーチボーイズの3兄弟の末っ子。長兄ブライアン・ウィルソンの才能・名声が圧倒するが、彼のボーカルの澄んだトーンは重要な要素だった。「神のみぞ知る」、「アイ・キャン・ヒア・ミュージック」、「ダーリン」などの名曲の必須パーフォーマーだった。その声の素である肥満体がアダとなったか・・、他界は若すぎた。彼自身の作曲は少ないが、この1曲、※Heavenは、題名(同名異曲でブライアン・アダムス、ジュリー・ゴールド)とともに忘れがたい。RIP。

廻日録kaijitsuroku2018年~2007年の12月21日
2018年金曜日晴れ。
~枝葉年末リプライズ~9・14「階段その後」 

全般的に住宅に対する意識が偏向している・・などと言おうものなら、変更しているのは、あなただ、と言い返されるのがオチ。階段もそうだ。孤軍奮闘である。とt思っていたら、Hb邸mkの施主さんから、互い違いアシスト階段を考えてと、心強い後押しがあった。いづれにせよ、「踏面広くなく蹴上低くなく」で満足している、大方の意識は当分変わらないことは確か。

8時発、It邸。Ok工務とAy大工。10時から移動、11時半Hb邸mk。HbさんとIg大工は雨戸廻り。土捏ね。

 

atrium and spa hotel

2017年12月21日木曜日晴れ。

~#6/10news・2017~「温泉ホテルのもてなし」

廃材選抜

入管の時に、「バーデンってどこだ?何しに老人男が一人来た?」と怪しまれた。スイスで温泉?ということもある。 そのバーデンの老舗ホテルの立派な吹き抜け空間に魅せられて、珍しく終始旅行プランで不動だった。たまたま公共温泉が工事中で、まるで寂れた温泉宿のように人気がない。夜には管理人がいなくなって寂しい思いもした。ただ一回30分の貸切風呂で、浴槽泉入れ替えは洋式の流儀の延長に沿っている。こんなん、日本にあるか?塩化物泉のまろやかさに、毎回時間ギリギリまで粘っての入浴。スイス・ミネラル万歳!
 
朝からHb邸mk、昼過ぎ帰路。夕方自転車屋Rwでブロンプトン、リアライト取り付け。駅前すーぱーCpで、ささみ、カマンベール。
 
2016年12月21日(水)雨のち曇り。
「時事問題」
テレビはほとんど見ないがyoutubeでは番組を後追いで見ることができる。昔は音楽、映画、お笑いなどを見ていたが、最近は時事問題の番組にハマってしまった。○○タックルとか、○○委員会、○○ニュースなど、多くは保守的な意見を発信する。しかし現実はそのような議論通りに進んでいかない。ますます番組を追いかけて、「何故現実はうまくいかないのか」ということを探ることになる。これは、確かに番組企画のツボに引っかかってしまった。
 

2015年月曜日雨のち曇り。
「今年の十大ニュース1-3」

私にとって糖質制限、タンパク・脂肪摂取は今や当たり前のこと。さらにミネラルやビタミンを体に問うて勉強するということで、次点は食の話題としての「ミネラル」。10位「ブログ絵」・・やはり視覚情報は必要。毎日1点のスケッチは、すでに膨大なストックになっている。9位「パオ風の改造車が白ナンバー化」・・は自力で辛い許認可を受けた。8位「インナーマッスル」・・スタジオ・レッスンの限界が見えてきて、「マンツーマン・ピラティス」を始めた。バランス・ボールやストレッチ・ポールなども活用する地味な運動だが、内臓を取り巻く筋肉の鍛錬。7位「指圧器」・・運動をすれば外の筋肉もつくが、老廃物で凝り・張りを生じる。指圧治療を受けながら普段は自己指圧器で。O式とN式の2種類に、こん棒やボールもいい。
(次回は6位から4位まで)。 16x邸軸組スケッチ。午後からモールトンにてスポーツクラブEet、一般のピラティスのレッスンに出てから、マンツーマン。帰路途中国道スーパーGc、地場野菜、白ネギ、卵、キャベツ、糖質ゼロ麺、Kwヨーグルト。
 
お兄さん!

2014年日曜日晴れ。
「山歩き人気コース」
小若と二人で山歩きするには、やはり人気(ひとけ)があるほうが安全だ、と思いあの人気(にんき)コースで、RgからRk山山頂を目指すことにした。下りは山頂から尾根の車道沿いに歩いてAm温泉へロープウェイがある。山道は自然とのやり取りが魅力だが、このコースはすれ違う人毎に「こんにちは」を連発しなければいけない。世俗から切り離すことは難しい。でも、小若にとってはそんなことはどうでもよいこと。山歩きが楽しそうでよかった。

グングン

小若と二人で山歩きへ。Kz滝からRgを通ってまず風吹き岩まで。ゴールデンコース。Y池脇を通ってからは、大学生らしきお兄さんのグループに付いていく。Am峠でそのうちの一人が単独行でHo山方面に向かうと、小若もついていく。頂上で昼食休憩となるが、「お兄さんは後から追いつくから」と約束して、小若は先にDw峠に降りることに。やがてNmgのきつい上り
コース。小若は後ろを振り返りながら、グングン進んでいく。やがて最高峰付近のIk茶屋に近づいたとき、後ろからお兄さんが追い付いて「がんばったね!」とほめてもらう。さらに西に向いて道路沿いを歩いて、ロープウェイ駅。Am温泉に降りて、電車にて帰路。健脚の小若との丸一日だった。帰路の駅でご褒美おもちゃ、トーマスお菓子ボックス。

 

 

2013年土曜日 晴れ。 続きを読む >>

お問い合わせ先 0797-32-8554 株式会社市居総合計画 芦屋市船戸町9番7号
open 9:00 - 18:00
(打ち合わせのため、土、日、祝日休み)

メールでのお問い合わせはこちら